はじめまして。子どもを放射線から守る新宿の会です。

福島の事故以降、東京のお母さんの心もまた不安の中で

ずっと揺れつづけてきたと思います。
「安全」と言われながら、次々に明らかになっていく原発と放射能をめぐる事実を前に、私たちは子どもの命を守れるのだろうかと。
ぜひご一緒に学んでいきましょう。

2014/10/26 「放射線見える化プロジェクトin新宿区立落合公園」

こどもみらい測定所・石丸偉丈さんによるワークショップとして

ホットスポットファインダーで区内の公園を測定しました

日程:1026()

 

場所:新宿区立落合公園 161-0035 東京都新宿区中井1-14

 

時間:13001600

 

★13001400 落合公園にてホットスポットファインダーを使って、子どもたちの身近な場所を測定する。

14001600 公園近くの元『ポッポの家共同保育所』のあった家屋にて

石丸さんに全体の傾向などの解説。質疑応答など。

 

会費:5001000(参加者10人未満の場合1000円。参加者20人以上の場合500円)

 

子ども連れOKです。

 

 

夏休み前に、会のメンバーや心配な方が集まりランチ会を開きました。

「実際のところ、今の公園とかの放射線の数値はどれぐらいなんだろう。心配しているお母さんはけっこういる」という話しになりました。

そこで、以前勉強会の講師としてもお招きした、こどもみらい測定所の石丸さんにお願いして、『ホットスポットファインダー』を使った区内の測定会を行おう、ということになりました。

 
〜ホットスポットファインダーの特徴
★正確★反応(応答速度)が早い★ 線量が自動マッピング化

という点が優れた空間線量計です。詳しくはこどもみらい測定所のHPをご覧下さい。

 

新宿区、落合近辺にお住まいの方。近隣にお住まいの方。関心のある区外の方。

小さいお子さんをよく公園で遊ばせている方。

「子どもを遊ばせて大丈夫なのかな」

「専門の方のお話が聞きたいな」

「3年がたって、いま東京(新宿区落合地区)はどうなんだろう?」

興味関心のある方、心配な方、ぜひお誘い合わせの上お気軽にいらしてください。

 

★測定会へのお申し込みはこちら★

 

「放射線見える化プロジェクトin新宿区立落合公園」

 

 

石丸偉丈氏

プロフィール

こどもみらい測定所代表

 

1972年神戸生まれ。キャンプリーダーやフリースクール運営他、保育・教育に携わって約20年。障害のある連れ合いと娘と生き、悲喜こもごもの兼業主夫行10数年。201112月にこどもみらい測定所を仲間と共に立ち上げる。早大独文卒。

http://kodomira.com/outline/entry-9552.html

http://kodomira.com/HSF/news/entry-11286.html

 

 

 

給食の食材の放射能汚染が心配な保護者の方へ

給食の食材の放射能汚染が心配な保護者の方へ

 

新宿区では、給食の食材を心配されている保護者の要望で、「放射能汚染」を理由に、牛乳をやめることが可能です。また、給食もお弁当に変えることも可能です。すでに給食費を納めている場合は返納されます。もし、お弁当にしたい、牛乳はやめたいなどの希望があれば、

直接先生へおはなしになるか。電話や連絡帳などで意思を伝えてください。

また、ご飯だけを持参する、心配な食材のときだけ弁当を持参にするなどというように、学校側と交渉していらっしゃる会のメンバーもおります。その場合は、給食費は納めることになっています。

 

ちなみに、HP担当の私のこどもの場合(小学1年生)ですが、牛乳のかわりに、水筒を持参しています。水筒持参の場合、消毒をきちんとするようにいわれています(食中毒予防のためと思われます)。弁当は、特に献立と同じようにしてくれという指示はありませんでしたが、学校や園によっては、なるべく同じにしてほしい(保育園)というところもあるようです。

 

また教育委員会との懇談会などでわかったことですが

 

食べる食べないは各家庭の判断で。

震災前だったら、学校でこどもたちが栽培した植物を食べるというのは、本当に喜ばしいことでしたが、原発事故がおこってしまい、食べる量や、吸収しやすい植物か、また肥料の問題もあり、以前のように学校で育てたものを気軽に食べるのは難しくなってきました。実際、学校により食べさせている学校もあれば、食べさせるのは今年は遠慮しているという学校もあり、区としてはどういう見解なのかお聞きしたところ、教育委員会は、その収穫物を食べるところまでの学習カリキュラムがある場合は、収穫物を食べる/食べないの判断は各家庭にゆだねるとのことでした。(学校などに育っているものなども。木の実等)

給食の献立について

学校の給食の献立は、新宿区の献立はもともとすでにある標準献立をもとに栄養士が献立をたてているとのこと。

各学校に裁量権があるそうです。新米の栄養士は標準献立に沿ってやっているため、応用能力は低いようです。実際は、標準献立通りにやらなくてもよいとのことです。つまり、各学校の栄養士の力量、経験値にもよるのかもしれません。

実際に、事前に入荷する食材(野菜など)は分からないため、HPでの公表はどうしても後追いになるそうです。また、それぞれの学校の体制にもよります(教育委員会としてはHPでの公表が望ましいと考えている)。

牛肉や原木シイタケなど放射線量が高い食材については、栄養士の会議で注意を喚起しているそうです。しめじ・えのきなどは室内で育てているので大丈夫と考えており、学校給食会で産地偽装があったことは把握している。

とのことです。

 

なお、新宿区では、測定器を購入し、4月から給食の測定を始めています。


機種はキャプタス CAPTUS-3000A シンチレーション式
西新宿保健センターの一室で測定がおこなわれる。
検出限界値 : 10ベクレル
今のところ一日3検体、給食一食まるごと検査

 

測定器購入についての詳細は3月懇談会レポート

 

3月9日(土)  おはなし会(学習会つき)を開催しました

『おうちで目指すゼロベクレル』チラシ
『おうちで目指すゼロベクレル』チラシ

震災から丸2年となる今月は、学習会つきのおはなし会を開催します。

 

 

講師は保育園で栄養士として食材の仕入れや調理を担当する

野澤ゆかりさん。食材選びのポイントや調理など、実践的なお話しを

うかがったあと、フリートークの時間を設けておしゃべりします。

 

 

『おうちで目指すゼロベクレル』

ぜひご参加ください。

 


3月9日(土)10:00~、高田馬場にある戸塚地域センターにて

行います。お子さん連れでもぜひどうぞ。

 

事前のお申し込みが必要です。

 詳細のご案内とお申し込みはこちらからどうぞ。

↓  ↓  ↓

3月のおはなし会

 

 

 

 

これまでのおはなし会の様子などは

 

おはなし会スタッフ日誌

おはなし会レポート

 

などをご覧ください。

 

 

『おうちで目指すゼロベクレル』チラシ
ダウンロードできます。ぜひ拡散にご協力ください!
20130309野澤さん学習会チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 645.3 KB

会では、区との意見交換の場、懇談会を定期的に開催します

会では、なるべく定期的に、区の教育委員会、こども家庭部(保育園)、環境課、衛生課などなど。放射能の問題にかかわる部署と懇談会を定期的に話し合いをしていこうと考えています。

実際、学校などの先生方や長などと話しても、学校ごとに対応がちがったりと、いろんな疑問が生じています。結局どこに話せばいいんだろうか? 行政はどう考えているのか。話すことで、お互いの微妙なずれを確認し、どうしたらいいのか、こうしたらいいのではと、先へ進むことができるのではないかと考えています。

 *給食おはなし会、懇談会など、メーリングリストでしか公開していない情報などがある場合があります。メーリングリストへの参加は、会へ入会された方へご案内しています。参加希望などの詳細はお問い合わせまで。

 

 

新宿区の学校、幼稚園、保育園の給食おやつ、放射能対応のアンケートにご協力ください

今後新宿区などに要望をしていく上で、給食などに関する各学校、幼稚園、保育園などの対応を調べています。

わかる範囲で結構ですので、ご回答お願いいたします。

 

お子さまの学校が違う場合、ご面倒ですが再度お答えください。

よろしくお願いいたします。

 

新宿区学校給食アンケート

 

また、給食アンケート回答、結果は公開される形になっています。

公開はしたくないけど、アンケートに答えたいという方はHP問い合わせよりご連絡ください。よろしくお願いします。

こどもたちのこと、放射線のこと、みんなで考えて活動してみませんか?

子どもを放射線から守る新宿の会では、新宿区への要望や

子どもたちが安心して暮らせるように、自分たちに

できることを少しでもやっていきたいと思っています。
ご一緒に考えてくださる方、活動してみたい方、お気軽にご連絡ください。
メンバーも小さい子を持つ者ばかりですので、無理なく

ご参加いただけます。

2012年12月現在会員は約60名です。

 

情報交換などのメーリングリストへや会員限定勉強会への参加ができます。
活動のために会費500円(1年・4月から3月年度ごと)をいただくことになりました。

 

子どもを放射線から守る新宿の会 申し込み

 

会のこれまでの活動について

 

 

新宿区では放射線測定器を貸し出ししています

空間放射線量測定器の貸出

 

新宿区では

 放射線測定器の貸出を9月1日(水)より行っています。 

ご希望の方は、事前予約が必要です。

予約受付:開庁日の午前8時30分~午後5時     

     生活環境課公害対策係           03-5273-3764

貸し出し機器

シンチレーションサーベイメータ 

型番:DoseRAE2 PRM-1200 (エネルギー非補償タイプ)

【貸出対象】 新宿区に住所がある方

【貸出台数】 1台

【貸出期間】 貸出の日の午前8時30分から午後5時まで

【測定箇所】 新宿区内

【貸出場所】 生活環境課公害対策係(新宿区役所本庁舎7階)


●新宿区役所の放射線情報

 

☆新宿区における放射線量の測定

 

☆新宿区の空間線量測定予定表

 

☆給食サンプリング検査

 

 

新宿の会スケジュールカレンダー